脚のむくみを取る方法、足のむくみで困っている人の解消法。

Pocket
LINEで送る

脚のむくみを 取る方法

足がむくんでパンパン、ギチギチ・・・。

ミニスカートだって履きたいし、細身のスキニーパンツだって履きたいけど、足がパンパンだから履けない・・・。

夕方になると、足がむくんで靴が窮屈に感じる・・・。

このように、足のむくみで困っている人に向けて、日常生活の中でできる脚のむくみを取る方法を教えます!

むくみが起こる理由

まずは、むくみが起こる理由を知りましょう。

原因を理解しないと、確信を持って解決に迎えませんからね。

まず、むくみという状態は、体の水分が異常に増加した状態のことを言います。

より詳しく説明すると、細胞と細胞の間の水分が異常に増加した状態です。水ぶくれみたいな。

足がむくんでいるということは、下半身の水分が異常に増加した状態ということです。

よく言うことですが、人間の体の6割は水分です。

普段、あまり意識しないかもしれませんが、半分以上が水分でできているのが人間なのです。

これだけ体内は水分が多いのだから、うまく循環させないといけないのですが、むくみという状態は異常に水分が増加した状態、つまり、循環がうまくいっていない状態です。

見た目が悪いだけでなく、体重も増えますし、ひどい時は病気の原因にもなります。

ですから、むくみがひどい時はなるべく早く解消できるように手を打つ必要があります。

塩分を控える

体内の塩分が多くなると、水分を蓄える力も強くなります。

そこで、脚のむくみを取る方法の1つ目として、塩分を控えるというものがあります。

足がむくんでいる人に限って、スナック菓子やこってりとしたラーメンが好きだったりします。

そういったものは、脂肪を増やすだけでなく、塩分が多いため、体をむくみやすい体質へと変えていきます。

ですから、なるべく塩分の多いものは避けるようにしましょう。

サプリで内側から体質を改善する

脚のむくみを取る方法の2つ目としては、サプリで内側から改善するということです。

なんでもそうですが、体の内側から改善するのが一番早いです。

翌朝のスッキリ感も違ってきます。

特に、マッサージをいくらやっても改善しないという人には、サプリを飲んで欲しいです。

内側がダメだと、外側からいくらむくみを解消しようとしても、効き目が半減してしまうので。

ムクミ解消サプリですごく売れているのは「するるのおめぐ実」です。

特に、立ち仕事の人には飲んで欲しいサプリですね。


むくみ解消サプリメント »

血流の流れを変える

脚がむくんでいる人は、立ち仕事をしている人に多い傾向があります。

これは、ずーと立っているので、重力で血流が下へ下へと流れっぱなしになるからです。

そこで、脚のむくみを取る方法の3つ目として、お風呂の後などにストレッチをしながら、脚を上に上げた状態をしばらく保つことをします。

下の図のようなポーズをとって、この状態でしばらく維持します。ヨガの代表的なポーズでもあります。

立ち仕事の人に オススメのポーズ。血流を逆転させる

このポーズがつらい人は足を壁に立てかけてもOKです。テレビを観ながらでもできるポーズです。

このポーズをしばらく取っていると、なんとなく血流が胸の方に流れているのを感じると思います。

こうやって、体の上部に向けて血液が循環するようにしてあげましょう。つまり、日中とは逆の血流にしてあげるということです。

できる人は、逆立ちも効果的ですよ。

運動不足はむくみの大敵

むくみ関係なく、運動不足は健康にとっても、美容にとっても大敵です。

もちろん、むくみにも大敵です。

運動不足だと、体内に老廃物が溜まりやすくなるので、むくみやすい状態になってしまいます。

週に2回は運動する習慣をつけて、足に溜まった水分を上へ押し出せるような筋力をしっかり付ける必要があります。

ちなみに、むくみに一番効果的な運動はホットヨガと言われています。

お風呂でマッサージ

セルフマッサージは 意外と効果なし・・・ 1回でもいいから、 エステのマッサージを 受けよう!

ふくらはぎがむくんでパンパンな人は、お風呂で下から上へむけてマッサージしてあげましょう。

でも、セルフマッサージは意外と効果が出づらかったりするので、できれば1回だけでもいいので、エステでプロのマッサージを受けることをオススメします。

そうすれば、セルフマッサージの時もやり方や強さが分かると思います。

お試し体験だけだったら、かなり安く施術を受けられるので、1回でも受けて、脂肪がほぐれた状態を作っておくと、その後のむくみ解消法もより効果的になります。

Pocket
LINEで送る