サプリメント・健康食品の正しい選び方、怪しい宣伝に気をつけろ!

Pocket
LINEで送る

サプリメント・健康食品の 正しい選び方

日本の法律では口に入れるものは2種類あります。

それは「医薬品」と「食品」です。

そして、サプリメントや健康食品は「食品」に当たります。

「医薬品」を作るには非常に高いハードルを超えなくてはいけません。

厚生労働省の認証制度に5〜10年もかけて通る必要があります。さらに、1つの薬を作るのに億単位のお金が必要になります。

一方、「食品」であるサプリメントや健康食品は非常に参入障壁が低い業界です。

参入障壁が低い、つまり誰でも販売しようと思えばできてしまう業界なのです。

そのため、粗悪品が多い業界でもあります。

簡単にいうと、原材料を海外から輸入し、加工業者に加工してもらえば商品になってしまう業界なのです。

なので、サプリメントや健康食品についての正しい知識を身につけて、正しい商品を選ぶ目を養う必要があります。

怪しい宣伝、過度な誇大広告には気をつけてくださいね。

では、今からサプリメント・健康食品の正しい選び方を教えます!

やたらと様々な成分を混ぜ合わせて作っている

悪質な業者の中には、高価な成分を少量入れて、残りは様々な安価な成分を混ぜ合わせてサプリメントや健康食品を作っているところがあります。

しかも、「女性にとってうれしい成分をたくさん入れました!」といううたい文句と共に。

一般の人が見たら、たくさんの成分が入っていたサプリの方がいいと思いますよね。

でも、それは大きな間違いです。

サプリメントや健康食品って質の良い成分をある程度の量を摂らないと効果を実感できません。

どんなに多くの成分が入っていても、効果を実感できるレベルまで届かない量しか入っていなければ効き目がないのです。

様々な成分をちゃんぽんしているサプリはダメ!

たとえば、バストアップの作用がある言われている「プエラリア」という成分は非常に高価な成分です。

なので、プエラリアと一緒にもっと安価なプラセンタやヒアルロン酸やコラーゲンなどを一緒に入れるのです。

しかし、当然ですが、高価なプエラリアは少量しか入っていません。しかも、あれもこれもと混ぜ合わせているので、どれも効果を実感できるレベルまでは届かないのです。

なので、美容成分と言われているものがたくさん入っているものほど疑って見るようにしてくださいね!

成分量を記載していない

成分量を記載していないサプリメントや健康食品は選ばない方がいいですね。

先ほどの説明しましたが、サプリメントや健康食品って質の良い成分をある程度の量を摂らないと効果を実感できません。

成分量が少ないと効果を実感できないんです。

そんなサプリに限って「6ヶ月は飲み続けて下さい」とか言っています。

効果があるのかどうか分からないものを6ヶ月も飲み続けるなんてイヤですよね。。お金だけでなく時間もムダです。

しかし、メーカーが自信を持って販売しているサプリメントや健康食品には成分量がしっかりと記載されています。

何がどれほど入っているのかちゃんと明記しているのです。

成分量が記載されているかどうかも、本物とニセモノを見分けるコツですね。

利用者の声を大々的にアピールしている

販売ページでやたらと「利用者の声」を大々的にアピールしているサプリメントや健康食品も選ばない方がいいです。

悪質な業者は「利用者の声」をねつ造します。

フリーランスのライターなどにお金を払って「利用者の声」を書いてもらっているのです。

こういった商品は、商品の質に自信がないから、商品の質で勝負できないから「利用者の声」でごまかそうとしているのです。

お客様相談室がある

「医薬品」に副作用があるように、サプリメントや健康食品も人によって合う合わないがあります。

色々と不安なこともあると思います。

なので、お客様相談室がある会社からサプリメントや健康食品を買うようにすることをオススメします。

そもそも、サプリメントや健康食品って、その商品を作った会社に相談しながら摂るものだと思います。

適切な摂り方、健康被害に遭った時の対処法、効果が実感できなかった時の対処法、逆に効果が出過ぎた時の対処法などなど。

こういったことを相談できる窓口がある会社から買えば安心ですよね。

以上がサプリメント・健康食品の正しい選び方です。

世の中には消費者の無知をいいことに、怪しい宣伝で買わせようとする業者がたくさんあります。

そうではなく、この記事で説明した点に注意しながら、本物のサプリメントや健康食品を選んで下さい。

そういう意味では、ピュア・メディカルさんのサプリはオススメですよ!

この記事は「サプリメント・健康食品の選び方」を参考に書きました。

Pocket
LINEで送る