夜9時過ぎに食べると太る理由と太らない夜ごはんの食べ方

Pocket
LINEで送る

夜9時以降に納豆がオススメの理由とは?

「夜9時以降に食べると太るから、夜ごはんは19時までに済ませましょう」とか「夕飯は寝る3時間には食べるようにしましょう」とはよく言うことですね。

でも、なぜ夜9時過ぎに食べると太りやすのでしょうか?

また、仕事の関係で夜9時以降でないと食事する時間がとれない場合はどうすればいいのでしょうか?

今回は「夜9時過ぎに食べると太る理由」と「太らない夜ごはんの食べ方」を解説します!

夜9時過ぎに食べると太る理由

まず、夜ごはんを食べる時間が遅いと、寝るまでの時間が短くなります。

食べてから寝るまでの時間が短いと、摂取したエネルギーを消費しきれず、脂肪として蓄えやすくなります。

また、夜はお昼に比べて副交感神経が活発になり、代謝が大幅に落ちた太りやすい状態になっています。

これが、夜9時過ぎに夜ごはんを食べると太る理由です。

太らない夜ごはんの食べ方

まず、夜9時を過ぎたからといって、夕食を食べずに寝るにはNGです。空腹時間が長くなると、脂肪をため込みやすい体になるからです。

また、脂肪を溜め込む酸素を増やす働きをするタンパク質「BMAL-1」は夜10時以降から急増します。ですから、夜10時以降は油分の多い食事は避けるようにしましょう。夜遅くのラーメンはグッと我慢ですよ!(笑)

夜9時以降に食べるのにオススメの食べ物は納豆や豆腐などの大豆製品です。

大豆には「代謝を高めて痩せやすくする働き」や「成長ホルモンの分泌を助ける働き」があります。

成長ホルモンは睡眠時に分泌されるため、手軽に摂れて脂肪分の少ない大豆製品は夜9時以降の食事としてはぴったりです。

Pocket
LINEで送る