ショウガ(しょうが)の効果・効能と正しい食べ方

Pocket
LINEで送る

ショウガ(しょうが)の効果・効能と正しい食べ方

しょうがはダイエットだけでなく、美肌や冷え性にも効果があるということでモデルや芸能人でも日常的に食べている人気食です。

今回はそんな万能薬のような「ショウガ」の効果・効能や正しい食べ方を解説します!

(1)加熱して代謝アップ!

しょうがを加熱するとジンゲロールという成分がショウガオールに変化し、エネルギー代謝や脂質代謝を高め、痩せやすい体になります。

(2)生で食べて冷え性を解消!

生のショウガは末梢真剣を広げて発汗を促す作用があります。

毎日、生のしょうがを摂ることで血行が良くなり、体がポカポカになり、冷え性の解消につながります。

(3)抗酸化作用で美肌に!

ショウガの抗酸化作用はビタミンEの3倍ほどと言われています。生で食べればむくみの解消、加熱して食べればシミやシワを予防の効果があります。

(4)活性酸素を撃退して免疫力をアップ!

しょうがには体内の活性酸素を撃退し、免疫力をアップ効果があります。

(5)胃腸を強くする!

しょうがは胃腸の内壁の血流を良くして、消化吸収を高める高めるため、胃腸を強くする効果があります。ただし、胃腸が弱い人は摂り過ぎに注意しましょう。

(6)1日に10g

理想的な1日のショウガの摂取量は10gです。だいたい「大さじ1弱」ですね。
大量に摂りすぎると、胃に負担がかかるだけなので、10g程度を毎日継続して摂るようにしましょう。

Pocket
LINEで送る