焼きトマトでダイエット!リコピンは脂肪細胞の成長を抑制し、血糖値の上昇も抑える。

Pocket
LINEで送る

焼きトマトでダイエット!リコピンは脂肪細胞の成長を抑制し、血糖値の上昇も抑える。

トマトには赤い色素リコピンが含まれています。

このリコピンには以下の2つの働きがあります。

(1)脂肪の予備軍である「前駆脂肪細胞」が「脂肪細胞」に成長するのを抑制する。

(2)血糖値の上昇を抑えるので、体内に脂肪を蓄積するインシュリンが分泌量が減る。

つまり、トマトを食べることによって太りづらい体になるのです!

1日に朝・夜の2個を目安に食べると、食事量を減らさずにダイエットできます。食前に食べるといいでしょう。

さらに、効果的な食べ方はトマトを焼く「焼きトマト」にすることです。

なぜなら、トマトを焼くことよってトマトの細胞壁が壊れ、中のリコピンを吸収しやすくなるのです。

リコピンは加熱に強い栄養素でもあるので、熱でリコピン自体が壊れる心配もありませんよ。

また、トマトはダイエット効果だけでなく、抗酸化作用も強いのでダイエットが必要ない人にもオススメですよ!

Pocket
LINEで送る