朝日を浴びてから朝食をとると脂肪の蓄積が減少する

Pocket
LINEで送る

「日経ビジネス」さんにダイエットと食事を摂る時刻に関する記事がありました。

よく、「寝る前に食べると太る」とは言いますが、やっぱり夜10時から深夜2時に食事を食べると脂肪た貯まりやすいようですね。

榛葉准教授らのグループがマウスを使って行った研究では夜10時から深夜2時にかけて、脂肪をためこむ作用があるたんぱく質が昼間の20倍も多く作られるという

夜10時〜深夜2時は「脂肪をためこむ作用があるたんぱく質」が昼間の20倍だそうです。

これ、マウスを使った実験ですが、人間も同じなんでしょうか?

でも、やっぱり、寝る前に食べると太ると私も思いますー。。

摂ったカロリーを消費せずに睡眠に入ってしまいますからね。

また、このたんぱく質は朝日を浴びると減るので、太陽の光を浴びずに朝食をとると、浴びてから朝食をとるより脂肪を蓄積しやすいといえそうだ。

私的にはこっちの方がびっくりです〜。

朝食を食べる前に太陽の光を挙げると、「脂肪をためこむ作用があるたんぱく質」が減るんですね。

朝日を浴びると体内時計がリセットされて、体にも良いと言いますが、それだけではないんですね。

すばらしいですっ!朝日。

これからは、毎日起きたらまず朝日を浴びることにしたいと思います〜♪

日経ビジネスオンライン:「やせない」の理由は、食事の時刻にあった!

Pocket
LINEで送る