モデル徳澤直子さん、食間は最低6時間

Pocket
LINEで送る

「自分の体に素直に」が健康法 モデル、徳澤直子さんより

CanCam専属モデルの徳澤直子さんのインタビューです。

「見た目とか実はどうでも良かったりするんですよ」。女性誌の人気モデルにもかかわらず、さらりと本音を語る。

そっ、それは徳澤直子さんみたいな美人だから言えることだと思います。。。

一度くらい、こんなセリフ言ってみたいですが。。

徳澤直子さんは、山田優さんのかっこいい系OLを継承する次世代かっこいい系モデルとして人気ですね。

ジーンズ姿がとても素敵ですね!

1冊の女性誌で20カットの写真を撮る場合、1日10時間以上も拘束される。午前6時ごろに撮影場所に集合し、朝は屋外、午後はスタジオでの撮影。誌面で使われる20カットのために合計900枚以上の写真を撮る。

モデルさんって華やかなようですが、大変なんですねぇー。

朝6時から撮影なんて、ちょっと早すぎます。。

900枚以上も撮影するということは、900ポーズ以上も1日にするということですよね。ちょっと、想像を絶する世界です。。

昭和59年10月、神奈川県相模原市生まれ。小さいころはおとなしく、目立つことが好きなわけでもなかった。高校2年生の時、同級生に「一つ何か頑張ることを極めたら」と背中を押され、女性誌のモデルに応募。思い出作りのつもりが約5000人の応募者の中から専属モデルに選ばれた。

モデルさんになるきっかけは友達の一押しだったんですね。

きれいに見せるために自分を追い込み、いかにやせて、体重を落とすかに悩んだ。体重計ばかり気にするようになり、食事は1日1食。毎晩1時間自宅の周りを走り、モデルを始める前より体重を5キロ減らした。
「見ている読者がまねをしていたかと思うと、申し訳なく感じます」。肌も荒れて思うような笑顔も出せなくなった。

やっぱり、食事制限しすぎるのはNGですよね。私の場合は、もうちょっとした方がいいかもしれませんが。。

その後、徳澤直子さんはしっかりとした食生活、適度な運動とリフレッシュを大切にして、カメラの前でも自然な笑顔が出せるようになったということです。

「食間は最低6時間はあけて、体が欲しがっていないときは食べないようにしています」
独自の健康法ではないが、自分の体に素直になることが大事だと話す。

食間を6時間も空けているんですね。お腹鳴らないのかな?

食事が偏らないよう、玄米や大豆製品を積極的に取るように心がけ、ヨガや寝る前の腹筋やストレッチも忘れない。「自分の体を痛めつけて見た目ばかりを気にしても、誰も喜んでくれないと思います」

この言葉には勇気づけられますね。確かに、体を痛めつけるとストレスが貯まりますからね。

あと、やっぱり、寝る前に腹筋してるんですね。

知花くららさんも毎日腹筋150回もしているそうですからね。

Pocket
LINEで送る